お茶会

新入社員日記

美味しいコーヒーが飲みたい。
“心を豊かにしたい”と思いコーヒーミルを買いました。

 

コーヒーミルと心の豊かさにどのような因果関係があるのかと思われる方もいるでしょうが、
そんなことは考えるまでもなく簡単な話で、
コーヒーミルでコーヒー豆を挽いてハンドドリップでコーヒーを淹れるというのはとても手間のかかるめんどくさい作業です。
大体コーヒー1杯淹れて片付け終わるまでに10分近くかかります。
豆を挽くのにも力がいるしハンドドリップで抽出されるコーヒーを眺めているのは退屈です。
しかしそういうことをじっくり楽しむのって、余裕があるからできるのであってつまり心の豊かさの条件の一つかなあ。そうであるよなあ。詠嘆。
というわけで手動のコーヒーミルとコーヒーポット、コーヒーセット一式を揃えたのです。

 

毎日昼飯を食べた後にコーヒーを淹れて飲んでいます。

ファイル_000

おそらく淹れ方が色々と間違っていて、それを毎日続けているので、うまくなることもなくまあまあと思って飲んでいる状況です。
一度しっかり調べ直さないといけません。

 

そんな折、弊社では週に一度、お茶会と呼ばれる”みんなで集まってお茶菓子を食べながらスピーカーの話を聞く会”というものが催されているのですが、ちょうどいい機会だとそこで美味しいコーヒーの淹れ方について調べてLTをしました。

 

このお茶会は基本的に技術的な話題が中心なのですが、僕はいつも趣味の話をしています。
しかしどうも即興というのが苦手でうまく話をすることができず、今回もまずいコーヒーよろしく雑味の残る、ぼんやりした発表となってしまいました。人前で話すのは難しい。人前で目立つのは簡単なんですけどね。

 

お茶会のために調べたことで、コーヒーが美味しく淹れられるようになったわけでもなく、やはりなんでも修業が必要なのだ。と改めて思った次第です。
千里の道も一歩から、と言うではありませんか。
正直手動で豆を挽くのはとても面倒ではあるけれど、豆がある限り毎日続けていこうと思っています。
と、そのお茶会、毎週いろんな内容のLTが行われているのですが、今のところ社内で話題を共有して終わり。になってしまっているので、またブログでも内容を紹介できればと思います。

 

指の動くままに記事を書いてみたらなんだか嘘臭くなってしまいました。
以上です。